【モテ男塾】 How to サイト

モテる男の会話術ポイント5:会話の節々で間をつくる。

    

会話中には悪い間と良い間がある。

 

4afbc913400228954d106e0d80a9b51d_s
会話術のもっとも効果的なテクニックとして

「間」の取り方・使い方が重要になってきます。

 

「間抜け」という言葉ありますよね。

これは相手を侮辱する言葉ですが、本来の意味は

芝居などで踊りと踊り、音と音、台詞と台詞の

間のリズム(これが間)が抜けることで、拍子抜け

したり調子が崩れることから生まれた言葉です。

つまりコミュニケーションにおいてこの「間」が

重要になってきます。

 

 

1c9a6b86237fafb1ba3a60db25eb6757_s
初対面時のコミュニケーションはお互いの情報が全く

分からないため、間が開いて沈黙になってしまう可能性があります。

この「間」は悪い間で、約10秒~15秒以上沈黙が続く状態です。

この悪い「間」は相手に警戒感を与えますし、相手も同じ状況に

陥っていますので、この「悪い間」の危険を感じたら、

前述のモテる男の会話術ポイント1に記載したように、女性に

とって興味のある話題を提供し回避してください。

 

 

444

 

逆に「良い間」とは、会話にリズムがあること!

会話のやり取りで、話しやすかったり話にくかったりするのは

会話のキャッチボールにリズムがあるか・ないかが影響してきます。

 

相手に投げかけた質問に相手が答える。

相手の答えをある程度予想し先手を打って、関連する話題を

投げかける。

このリズムが大切なのです。

この準備がないと、沈黙が訪れてしまいます・・・。

 

このリズムを作るには相手の答えを予想し、先回りして

次の会話内容を準備しておくことが必要になってきます。

 

このリズムは、一定でもダメですし、極端でも上手くいきません。

相手の呼吸に合わせて会話のリズムを作って下さい。

 

 

大切な事、伝えたい事の前に「間」をとりましょう。

会話中、相手に大切な事や伝えたい事を喋る前には一呼吸の「間」を

とりましょう。

伝えたい事が協調され、伝えたい事の重要性がアップします。

 

「間」というのは目に見えない時間の長短ですが、その目に見えない

時間をコントロールすることで、会話を盛り上げたり、惹きつけたり

することが可能になってきます。

 

 

会話術を向上させたい方はコチラをチェック↓↓
会話スキルを上げる人気の会話術教本BEST5はコチラ!!

 

 

===== 楽天広告 =====